もっと車いすについて理解しよう♪

車いすレンタルが日本をやさしい国に変える

車いすをレンタルしてくれる施設が多く増えてきました。
とても良い国になっています。
日本は、世界一の長寿国となっており、高齢者が多いということは、要介護高齢者も多く、車椅子利用者ももちろん多いのです。
しかし、福祉教育が遅れている日本は、人的な対応であるソフト面や、設備的な対応であるハード面の整備が、車椅子使用者にとってやさしいとは言い難いところがありました。
しかし、現在、高齢者人口が増加したこともあり、利用客に高齢者が増え、移動面の要望に対してより快適なものに取り組もうとしているサービス業が増えてきたこともあり、車椅子を設置する施設が増えたり、トイレも車椅子対応のトイレを整備したり、階段の横にはスロープを設置したり、従業員に車椅子介助をする技術を学ばせたりしている企業が増えてきたのです。
今後も福祉的な視点でサービスをすすめることは非常に重要なことであり、日本の企業がどのような人にもやさしくなっていくことが期待できます。

介護用品の車いすはレンタルが使いやすい

介護用品のひとつである車いすは購入するよりレンタルの方が使い勝手が良いという意見があります。
購入すると自分だけのものとなるため他人と共有してひとつのものを使用することに嫌悪感を抱く方には最適ですが、故障や修理などのメンテナンスを自分で行う必要があるのです。
例えばタイヤのパンクです。
車いすに使用されているタイヤを自転車のタイヤ同様にシールのようなものを貼り、パンクの原因となる穴を塞いでも良いのですが、使用する人が要介護者であるため街中で再度パンクしないように厳重に行う必要があります。
またそれ以前に、ひとりで使用している最中にパンクしては使用者が転倒して怪我の原因となったり帰宅が困難となる可能性もでてくるため日々のメンテナンスが欠かせません。
それに対してレンタルであれば、一定の使用期間を目安に業者が隅々まで故障がないか確認してくれたり、必要に応じてプロの技術で補修や修理を行ってくれるため安全に使用することができるのです。

Favorite

美容院を府中で探す

2018/4/19 更新


ページトップ▲