もっと車いすについて理解しよう♪

車いすはずっと使いますが、メンテナンスも忘れないで下さい。

車いすをいつも使っている人、そうでない人、状況によって使う人などそれぞれ状況が違います。
常に必要な人、ずっと乗っている人にとっては生活するためにはどうしても欠かせません。
いつも使い続けると少々危険になる事も忘れないで、車いすにも金属疲労というのがありますから、使用するために代替品も用意しておく必要があります。
メンテナンスに出す場合、その人にとっては今まで使用していた物が使えなくなりますから、代替品に少々苦労したり、使い方に慣れない事もあります。
年を取るにつれて、環境に馴染むのに、時間が掛かるという事があるように、今まで使っていたものに慣れていると苦労するのは仕方がないです。
メンテナンスはそう何度もある事ではないですが、高齢者にとっては慣れるまではストレスを感じる事があると思います。
これもしっかり機能を維持したい、ずっと使い続けていくには仕方がない事です。
車いすが離せない人と怪我などリハビリで一時使用する人では、使い勝手も違ってきます。

車いすのメンテナンスに関するアドバイス

車いすのメンテナンスに関するアドバイスになります。
利用者さんの多くは介護用としてレンタルしたり、購入されていると思います。
利用者自身は勿論、利用者家族でのメンテナンスはなかなか難しいのが現実だと思いますし、安全面を考慮した場合、専門業者へ依頼するのが望ましいと判断します。
そこで、こまめな定期的メンテナンスを希望される場合はレンタル品の方が良いと思います。
通常、レンタル品は半年に一回程度の定期点検が有り、仮にその点検で不具合が見つかれば車椅子本体の無償交換にも応じてくれます。
定期点検以外でもタイヤの空気圧低下とかブレーキの効きが悪いなどの症状に対して、レンタル先へ連絡すれば直ぐに対応してくれます。
以外に忘れがちなのが車椅子のクッションでこれもレンタル可能です。
経年変化でクッションもへたりますので必要ならば交換要求してみて下さい。
また最近、乗り心地が今一と感じた場合、要求すれば別のタイプの車椅子のデモも可能なようですので自分に合った物を見つけて下さい。
生活上、どうしても長時間乗っている場合が多いので乗り心地は重要なポイントだと思います。

check

ドローンのイベント情報
http://dronenews-japan.com/category/categryb/

最終更新日:2017/3/31


ページトップ▲